• 介護について

「介護保険外サービス」ってなんだろう?目的とサービス例をご紹介

  • この記事を書いた人
  • 別の記事を見る
「介護保険外サービス」とはなにかご存知ですか?
この記事では「介護保険外サービス」の目的や介護保険サービスとの違いなど基本的なことについてお話します。
介護保険外サービスを賢く使って、在宅介護を快適に過ごしてみてはいかがでしょうか?

こんにちは。富山県で家事代行/訪問介護サービスを提供している中央ケアーサポートの水上です。 コチラでは家政婦の家事テクニック、介護におけるアドバイスをお届けします。 家事のこと、介護のことなら中央ケアーサポートにお任せください! 今回は介護保険では提供できないサービスを提供する「介護保険外サービス」についてご紹介します。

介護保険外サービスについて

介護保険外サービスとは?

介護保険制度では、介護を必要とする度合いを示す「介護認定」によって利用できるサービスの量に上限が決められています。また、サービスの量は「金額」ではなく、「単位」で定められています。

 

例えば、「訪問介護」で入浴や食事の介護を30分未満利用した場合は、「254単位(1回あたり)」を使うことになります。この様に介護者は「単位」を使用して、介護保険サービスを利用します。

 

介護保険サービスには介護保険法で決められた様々な利用基準があり、サービスの種類や利用範囲に一定の条件が設けられています。つまり、理想としているサービスがあったとしても、介護保険では適用外ということが起こりえるのです。

 

例えば、介護保険を使って、買い物代行を行うと、近隣の店舗で日常で使う必要最低限な物を購入することに限られます。つまり誕生日ケーキやタバコなどの嗜好品は介護保険の適用外となってしまいます。

 

この様なニーズに答える形で介護保険外サービスが存在します。介護保険外サービスを使うことで保険内サービスでは対応しきれない部分をカバーし、きめ細やかな介護支援を行うことができるのです。

 

 

介護保険外サービスの例

ここからは介護保険外サービスの例をご紹介していきます。

 

・家事全般のお手伝い/家事代行サービス

日常的な清掃・洗濯の代行から調理、お買い物、草むしりなど家事全般を行います。

 

・病院受診への付き添い

病院の玄関までの付き添いは介護保険でカバーすることができますが、病院内での付き添いは介護保険が適用されません。病院内での付き添いも需要が高いサービスです。

 

・入院中のおつかい・見守り・洗濯などのお世話

通院同様、病院内での付き添いは介護保険が使えません。入院中の見守りから買い物、洗濯まで身の回りのお世話まで行います。

 

・入浴、清拭、排泄などの身体的な介護

介護保険でカバーできる限度額をこえた場合に依頼される方が多いサービスです。例えば、介護者がデイケアから帰宅し、家族が帰ってくるまでの時間に在宅介護を希望されたケースもありました。詳しくはこちらをご参考ください。

 

・外出のお手伝い

理美容院やお買い物、コンサート、レジャーなどの外出、法事、結婚式など家族行事に付き添います。 これらがよくある介護保険外サービスとなります。

 

中央ケアーサポートは1時間2,200円(税込)でこれらのサービスを自由に組み合わせてご利用いただけます。プランナーがご利用者の希望に合わせてより最適なプランをご提案します。

 

市町村が独自で行う自立支援介護予防サービス

その他にも、市町村が独自で行う「自立支援介護予防サービス」というサービスもあります。介護保険同様、利用するには様々な条件があります。今回は富山市が提供している自立支援介護サービスの一部をご紹介します。 介護の認定、年齢、同居者の有無によって様々なサービスを受けることができます。自立支援介護サービスの詳細は地域包括支援センターにお問い合わせください。

 

 

・自立支援介護予防訪問介護(一部負担)

60歳以上65歳未満で何らかの障害がある場合、家事全般、生活必需品の買物などその他必要なサービスが提供されます。

 

・配食サービス(一部負担)

65歳以上の在宅のひとり暮らしの場合、普通食、高齢食、塩分カロリー制限食などを訪問面接を行った上で配食サービスが受けられます。

 

・おむつサービス(おむつ券支給)

おむつが必要な介護者のため、在宅介護の金銭的な負担を減らすため、おむつ引換券が支給されます。

 

・寝具の丸洗い・乾燥・消毒サービス(一部負担)

65歳以上の在宅のひとり暮らし、ねたきりの介護者にむけて、寝具の衛生管理が困難な場合、年に2回行われています。

 

・移動の補助(一部負担)

移動手段のない、65歳以上の在宅の要介護1以上を受けた介護者にむけて、通院や社会参加の促進を促すため、車の移送サービスや外出支援タクシー券が支給されます。

 

・福祉電話・緊急通報装置の貸与(レンタル)

65歳以上のひとり暮らしの高齢者や高齢者世帯が電話を持っていない場合は福祉電話が貸与されます。またひとり暮らしの高齢者(市町村民税非課税世帯)には緊急通報装置の貸与を行っています。

 

中央ケアーサポートで利用が多い介護保険適用外サービス

中央ケアーサポートでは介護保険外サービスも在宅介護の資格と経験を持つ介護スタッフが、サービスを提供します。下記にご依頼をいただく中で特にご要望が多いサービス内容をまとめました。

 

通院介助

中央ケアーサポートで最も利用が多いのは病院の通院介助です。通院介助と聞くと介護保険サービスにもみられる通院の送迎を想像される方も多いと思います。介護保険サービスでは病院の玄関までの送迎が適用となりますが、院内に入ってからの付き添いは介護保険が適用されません。

 

病院の規模や診察内容によっては拘束時間が半日以上かかる場合もあります。その上、大きな施設の病院では階段、玄関の段差やトイレ、支払いなど、介護者には難しい場面に遭遇することもあります。

 

付き添いサービスを使うことで、院内の案内、トイレの付き添い、支払いの補助までカバーすることができます。介護者が安心して通院できるよう、介護保険外サービスとして通院介助を求められる方は多くなっています。

 

家事代行サービス

介護保険を利用する場合、介護者に直接的に関係する作業がカバー範囲となります。 そのため、介護保険内サービスでの食事の用意は介護者の分のみに限られたり、掃除は介護者の生活動線のみに限られたりと家事代行のカバー範囲も厳しく設定されています。

 

介護保険外で家事代行サービスをご利用いただくと掃除、洗濯、調理にから排泄の介助までカバー範囲の制限を気にせず依頼することができます。 例えば、二人暮らしのご夫婦でご主人のみが要介護認定を受けている場合、介護保険ではご主人のみにしかサービスを行うことができません。

 

そこで介護保険外のサービスを利用することで調理、洗濯、掃除など奥さまの生活範囲も同時にお世話することが可能になります。 中央ケアーサポートの家事代行サービスはご利用時間の中で臨機応変に家事を行います。ご利用時間内であれば出来る限りサポートさせていただきます。お気軽に何でもおしゃっていただけたらと思います。

 

行事やレジャーの社会参加の付き添い

介護保険は、介護者の日常生活を援助することが目的です。

そのため、介護者の日常生活上必要でない援助については、サービスの適用外となります。例えば、映画鑑賞や結婚式、法事、お花見など趣味や家族行事などが対象外となります。これらも介護保険外のサービスを利用することで制限なく、どこへでも付き添いが可能になります。

 

中央ケアーサポートの付き添いでは、一人旅行・家族旅行の付き添い、結婚式や法事など家族行事の付き添いなどをサポートさせていただくことが多いです。

 

中央ケアーサポートに任せてみませんか?

中央ケアーサポートでは日々の暮らしのお手伝いから介護のお手伝いまで幅広く対応しています。

サービスを受けられる方は「困っているけど、何からはじめればいいか分からない。」「病院の付き添いに家族が行けないときどうしたらいい?」とどう悩みを解決すればいいのか分からないままお問い合わせされる方がほとんどです。

 

とにかくどうしていいか分からないときは「中央ケアーサポート」にご連絡ください。 行政への連絡やサポートなどもいたします。  中央ケアーサポートは1時間2,200円(税込)の安心価格。また長時間利用専用の特別料金プランも設定していますので、お気軽にお問合せください。

 

 

長時間利用専用 特別料金プラン

 

  • この記事を書いた人
  • 別の記事を見る