• 介護について

初めての在宅介護 | 準備しておきたい4つのポイント

  • この記事を書いた人
  • 別の記事を見る
この記事では在宅介護について詳しく説明しています。
家族に介護が必要になったときどうすればいいのか悩む方も多いと思います。今回は事前に準備しておきたい4つのポイントについてご紹介します。

こんにちは。富山県で家事代行/訪問介護サービスを提供している中央ケアーサポートの水上です。

コチラでは家政婦の家事テクニック、介護におけるアドバイスをお届けします。
家事のこと、介護のことなら中央ケアーサポートにお任せください!

 

年齢を重ねると今まで簡単に出来たことが出来なくなることもあります。

例えば、家事、トイレ、お風呂など当たり前に行っていた日常の作業が出来なくなることも。少しずつの変化が在宅介護のスタートにもなります。

 

今回は在宅介護をスタートする以前に準備しておきたい4つのポイントをご紹介します。

 

在宅介護ってなに?

在宅介護とは、文字通り在宅で介護を受けることです。
突然、介護が必要な場合もありますが、徐々に日常生活に支障がきたし、周囲や家族などが何かしらの手を貸し始めた状態から介護ははじまっています

 

介護度によって差はありますが在宅介護が始まると何かしらの支援が必要になります。

 

在宅介護の4つの準備

家族に何らかの手助けが必要になったら、在宅介護の準備をしていきましょう。

 

介護の協力者を作りましょう

まずは介護の協力者を作ります。介護の負担はお嫁さんや娘さんだけに頼らず、家族みんなで分担しましょう。

 

近所に住んでいる家族にどうしても介護の負担がかかりやすくなります。遠方の場合は介護休暇などを利用し、できれば月に一度状況確認のため帰省することもオススメです。

 

介護には隣近所の協力も必要になってきます。万が一に備えて隣近所に住む人や町内会長ともコミュニケーションを取っておきましょう

 

介護保険の利用

介護が必要になると介護保険が利用できるようになります。

介護保険については親御さんが住んでいる場所の地域包括支援センターに相談を。土日祝日は休みですので平日に足を運んでください。中央ケアーサポートでも相談は承っています。

 

富山市の地域包括支援センターとは
https://www.city.toyama.toyama.jp/fukushihokenbu/chojufukushika/hokatsushien.html

 

自宅環境を整備する

在宅で介護する場合、動線の確保が必須です。

焦って住宅改修する前にまずは整理整頓。転倒する原因となるため、廊下や足元にものを置かないようにしましょう。物を処分する際は必ず親御さんと相談してください。

 

スロープや手すりをつける場合は見積もりを取る前にケアマネージャーに相談を。見積もりを依頼する前にリフォーム代が補助される可能性があります。ただ、工事後に申告しても補助金は受けられませんので要注意です。

 

被介護者の希望を理解する

被介護者である家族の希望を理解しましょう。

一番大切なことはコミュニケーションです。例えば被介護者が2階に住んでいた場合、良かれと思って勝手に1階に移動することは避けましょう。

 

 

家の中をきれいにしたい思いを持つ方も多いですが、被介護者にとってほんとにそれが希望にそっているか確認します。被介護者としっかりとコミュニケーションをとりながら行動しましょう。

 

在宅介護の便利グッズ 、サービス

在宅介護の便利グッズ やサービスをご紹介します。

 

ネットワークカメラ

ネットワークカメラは、撮影した映像をスマホやパソコンで見ることができるデジタルビデオカメラのこと。

 

「防犯用」と「見守り用」があり、見守り用は離れて暮らす高齢の家族の安否確認にピッタリ。双方向通話もできるので気軽に声もかけられます。

 

ネットワークカメラとは
https://item.rakuten.co.jp/tatsuhiko/jp-fi-362c/

 

安否確認用電気ポット

無線通信機を内蔵した「電気ポット」は毎日使うだけで、離れて暮らす家族の生活を見守ることができます。

見守るご家族の携帯電話またはパソコンにEメールでお知らせするほか、ホームページのご契約者様専用ページで1週間のポット使用状況をグラフで見ることができます。使用状況のグラフで生活リズムを知ることができます。

 

安否確認用電気ポットとは

https://www.mimamori.net/

 

駆けつけサービス

駆けつけサービスとは警備会社の見守りサービスのこと。
自宅の鍵を預かり、連絡が取れない場合やご本人から緊急通報があった場合は、近隣のガードマンが迅速に駆けつけてくれます。

離れて暮らしている家族の見守りに心強いサービスです。

 

駆けつけサービスとは
https://www.alsok.co.jp/person/mimamori/

 

100円均一で揃う介護グッズ

100円均一は介護グッズの宝庫です。
おむつや入れ歯洗浄剤など衛生用品から食事グッズ、杖なども揃っています。ベビー用品やキッチン用品の売り場にも介護に使える便利グッズがあるので介護目線で商品を探してみてください。

 

100円均一で揃う介護グッズ一覧(ない場合もあります)
・紙おむつ
・尿とりパッド
・お尻や体をふく使い捨てシート
・歯磨き用のティッシュやスポンジ
・泡で出るボディソープ
・うがい受け
・お尻洗浄用のビデとして使えるもの
・ストロー付のコップ

 

中央ケアーサポートの在宅介護サポートサービス

中央ケアーサポートでは在宅介護のサポートサービスをおこなっています。
例えば、被介護者が軽度の場合。週に2回介護保険内サービスにあたる、ホームヘルパーの利用と介護保険外にあたる家事代行サービスを利用し、掃除、洗濯、調理などに伺います。

訪問介護で物足りない部分は家事代行プランでカバーしています。

 

介護保険内サービスプラン

頻度:週2回 時間:1時間 /回 内容:介護者の動線の掃除、身体を拭くなど

家事代行プラン

頻度:週2回 時間:1時間 /回 内容:家族が過ごす部屋の掃除、洗濯、調理など

 

自費サービスと介護保険についての詳しい内容はコチラをご覧ください。
https://www.chuo-care.com/blog/667/

 

まとめ

最初は負担が少なかった在宅介護も介助の頻度が増えたとき、在宅のまま介護してもらうか、デイサービスに通うか、介護施設に入居するかで、悩まれる方は非常に多いです。

もやもやとした介護の悩みは放っておかず、地域包括支援センターなどで一度相談してみていかがでしょうか?

 

家事に関することで悩まれたら何でも中央ケアサポートにお気軽にご相談ください。
中央ケアーサポートは1時間2,750円(税込)の安心価格。プロの技術で大切な休息時間と心のゆとりをお届けします!

 

  • この記事を書いた人
  • 別の記事を見る