• 家事について

クローゼットを掃除しよう!キレイに保つコツを解説

  • この記事を書いた人
  • 別の記事を見る
この記事ではクローゼットの掃除について詳しく説明しています。
クローゼットの掃除方法に悩み手が付けられない方も多いと思います。
今回はクローゼットの掃除方法と整理するコツをご紹介します。

こんにちは。富山県で家事代行/訪問介護サービスを提供している中央ケアーサポートの水上です。
コチラでは家政婦の家事テクニック、介護におけるアドバイスをお届けします。
家事のこと、介護のことなら中央ケアーサポートにお任せください!

 

ついつい後回しにしがちなクローゼットの中の掃除。
「クローゼットを掃除しよう!」と思っても、どのように始めれば良いか分からないという方も多いと思います。

 

クローゼットの中は、ホコリや湿気がたまり、ダニ、カビなどが発生しやすい場所です。せっかくクローゼットの掃除をするなら、短い時間で効率的に仕上げましょう。

今回はクローゼットを整理するコツと掃除方法をご紹介します。

 

クローゼットが散らかる原因


クローゼットを整理するには、まずクローゼットが散らかる原因から考えましょう。

 

持っている衣類はクローゼットの収納量を超えていませんか?

収納量を超えていると自分が何をどれだけ持っているのか把握しにくくなり、片付けること自体が難しくなります。

 

また、衣服が増えるたびに収納アイテムを増やしていませんか?
収納アイテムを買うと一見片付け意識が高いと感じますが、収納家具によってはクローゼットの収納スペースをなくしてしまうという悪循環にもつながります。

 

最後に、衣服の収納する住所は決めていますか?
アイテムごとに片付け場所が決まっていないと、収納する場所がチグハグになっていき、整理整頓が上手くいかなくなります。

 

クローゼットが散らかる原因は一つだけではありません。まずはクローゼットが散らかる原因を紐解いて探ることからはじめてみましょう。

 

クローゼットの掃除方法

クローゼットの掃除方法についてご紹介します。

 

普段はモップがけでOK

 

クローゼットの基本の掃除はモップがけです。上から下、洋服と床の間のスペースをモップがけしていきましょう。週に1度のモップがけがオススメです。

 

月に1度はクローゼットの中身をすべて出す

月に1度はクローゼットにかかっている衣服やバッグ類などをすべて出しましょう。クローゼットの中は、ハンディモップなどで上から下にホコリを落とし、床面も掃除していきましょう。

 

洋服は外でブラッシングする

出した洋服は外で叩いてホコリなどを払いましょう。ジャケット類はこのタイミングでブラッシングすることもオススメです。外干しするまではしないでも外で軽く払うだけでスッキリします。

 

クローゼットを整理するコツ


クローゼットを整理するコツをご紹介します。

 

使っていないモノは手放す

いらないモノは手放すことが一番のコツです。「いつか着るかもしれない」「いつか使うかもしれない」と思って何年経ちましたか?

 

クローゼットに入れっぱなしにしておくとカビや虫の被害に合うかもしれません。
使っていないモノは「売る」「譲る」「寄付する」の3つの手段を賢く活用して、捨てる罪悪感なく片づけを進めてみましょう。

 

「1枚購入すると1枚手放す」や「 2年着なかったものは手放す」など自分のルールを決めてしまうのもオススメです。

 

着た服は一晩、別の場所にかけておく

外出直後のコートやジャケットはクローゼットにすぐに収納せず一旦干しましょう。
一晩、別の場所にかけておくことでホコリが落とされ、ある程度湿気や匂いも抜けていきます。
クローゼットのカビの原因、湿気も予防できますし、衣服の持ちにも繋がります

 

クローゼットの換気をする

毎日の換気ルーティーンの中にクローゼットの換気も組み込みましょう。
ホコリも溜まりにくくなり、クローゼット特有の匂いも出づらくなります。

 

クローゼットの整理グッズ


クローゼットの整理グッズをご紹介します。

 

収納ボックス

収納ボックスの中で底から漁って服を探していませんか?
深型収納ボックスに収納すると服がどんどん重なっていくこともあります。

収納ボックスは断然浅型がオススメです。余計な隙間が少ない浅型の収納ボックスに服を立てて収納すれば上に隙間なくピッタリ収まります。見やすくなる上、服が出し入れしやすくなります

 

ハンガー

ハンガーは薄めのモノを選びましょう。薄めに統一することで服のボリュームが減り、かさばらなくなります

また、肩がポイントになるジャケット類は厚みのあるハンガーがオススメです。スカート用のハンガーなども用意しておくと使い勝手がよく整理整頓しやすくなります。

 

まとめ

クローゼットの中の掃除は梅雨前の今のタイミングがオススメ。衣替えの季節でもありますし、使っていない洋服を見直す機会にもなります。

 

1度徹底的に掃除をしたら、日々のクローゼットの掃除も簡単になります。定期的な換気と、気づいた時にハンディモップでほこりを取り除いておきましょう。クローゼットをきれいに保ち、おしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか

 

家事に関することで悩まれたら何でも中央ケアサポートにお気軽にご相談ください。
中央ケアーサポートは1時間2,750円(税込)の安心価格。プロの技術で大切な休息時間と心のゆとりをお届けします!

 

  • この記事を書いた人
  • 別の記事を見る